写真で綴るフランス生活日記 AUVERGNE編

フランスのオーベルニュ地方に暮らし始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アパート探し

アパート探し


dscn2665j.jpg



dscn2662j.jpg




また随分間が空いてしまいましたが、皆様お元気でしょうか?
私は最近珍しく忙しい・・・
あ、そういえば、今月中旬には私の誕生日なんかもあったりしました。

祝ってくれた方、どうも有難う♪

しかし、何故かわからないけど、最近非常に怒りっぽい私。
人に対してというより、物に対して怒ってしまうというなんだかとっても危険なレベルになってきています^^;

昨日怒りを爆発させた対象物・・・・マヨネーズ^^;

チューブ式のマヨネーズなのですが、日本のようにソフトなチューブでなくハードチューブだからなのか、出そうと容器を押した瞬間・・・


<金色の ブバッっと散ったよ マヨネーズ>  ピニョン

詩にしている場合ではございませんね^^;
着替えたばかりの黒いポロシャツに飛び散ったよ、マヨネーズ・・・・
しかも、マヨネーズって匂いがあるから、またまた着替えをしなければいけない羽目に。


あんた(=マヨネーズ^^;)なんて一生使ってやるもんか~!!


ってマヨネーズに言い放ってやりましたが、着替えをしてさっぱり戻ってきた後で、すぐにまたそのマヨネーズを使用していた私^^;


怒るのも早いが、忘れるのも早い^^;;



さて。
今日の写真は最近作ったもののうちの二つ。
巾着と箱。
巾着は、紐を通すのとその部分を縫うのが面倒だった為、縫い代にリボンを縫い付けるといったズボラ技炸裂^^;
箱なんて、生地を適当に専用ののりでくっつけただけ^^;;;;

蝶々のリボンが大変気に入っていますが、勿体無くてまだ使えません。


最近忙しいと書きましたが、この2週間、珍しく毎日のように外出しています。
引越し先を血眼になって探しているわけです。

今住んでいるアパートは、わりかし新しく、設備も最新、セキュリティも2重になっている(←とはいえ、どの程度まで安全かは不明^^;)アパートで、地域と広さの割りに家賃が高め。
おまけに若い人が多いせいか、土日の「祭り騒ぎ^^;」があったりして、時には真夜中にカラオケし始めてしまうご近所さんなんかもいらっしゃいます^^;


おいおい、私も混ぜておくれよっ!


TOMIO UMEZAWA アカペラ シル ブ プレ!


なんだったらAKIKO WADAでもいけますが^^;;;



という状況なので(←って、どんな状況かよくわからないよね^^;)、騒音に敏感な我が相方はこのアパートが耐えられないらしい。
時には、ご近所さんが夜中に歩く音が聞こえただけでも物凄い怒っているし^^;


アパートだから仕様がないのでは^^;;;;

っていうか、君の怒りの呟き(←もはや呟きとは言えないほど^^;)のほうがよっぽど私にとってはストレスなのですが・・・^^;


というわけで、私達が今回アパート探しをする上で条件になっていたのが、

・ 今の地域より田舎に行く。
・ アパートの最上階が好ましい。
・ 古いアパートでも良いので、家賃をなるべく抑えたい!(理想は、今と同じくらいの家賃で15㎡プラス)


でした。

しかし、今と同じくらいの家賃で1部屋分プラスのアパートなんて・・・・そんなにありません。

ネットや情報誌なので条件に合いそうな物件を探して昨日まで訪問を続けて来ましたが、その中の幾つかのアパートの感想を書き出して見たいと思います。


・アパート 1
閑静な住宅街。田舎ではないけど、静か。
建物は1960年代の物。
最上階の4階、エレベーターなし。
中は壁のペンキが塗り替えられてはいるものの、キッチンなどの水周りがとても汚い・・・
全体的にやはり汚い印象。
しかし、なんと家賃は今のアパートよりお安い♪


・アパート 2
街に近く、車の通りが頻繁。
二重窓になっていない為、かなり外の騒音が響く。
建物は1960年代くらい?
最上階の4階。エレなし。
内装は・・・・汚すぎ!!!
床もスーパーマーケットの床みたいだし、水周りも不潔、蜘蛛の巣を急いではらった後が沢山・・・
蜘蛛の死骸もちらほら・・・うえええ。
でも、家賃はやっぱりお安いのよね・・・
下の階の住人がぎゃんぎゃん鳴く犬を飼っているもよう^^;


・アパート 3
街に近く、しかも交差点に位置している為、車の通りが激しい。
3階最上階。エレなし。
1960年代の建物だけど、内装は全てリフォームされており、キッチンも洗面所関係も最新設備!
しかも、内装も床張り、白い壁でとても美しい。

二重窓で、外の騒音はほとんど気にならないが、室内が暑いのが気になる。窓を開けたくても、うるさいのと排気ガスがね・・・
収納が極端に少ない。
家賃が今より70ユーロアップ。


・アパート 4
街から少し離れた田舎街。
新しい建物。1階はアラブのサンドイッチ屋さん。2階はなんかの会社。そして3階がアパートになっている。
今まで見学してきたアパートより10㎡広くて、家賃は今のアパートと同じくらい。
内装も悪くなく、新しい設備なんだけど・・・・

何故か1階のサンドイッチ屋さんのアラブ人がそこで寝泊りしているらしく、マットレスがグチャっておいてあるし^^;;;

タバコの吸殻とラジカセもあるし・・・

しかも、アパートまで行く階段が非常に狭く急で、下には何故か生ごみが置かれているよ^^;
鳩さんが大量に住んでいらっしゃるのか、窓枠に大量のふん、天井ではなにやらかさこそ動く音が!



まあ、こんな感じで色々探してきたわけですが、時期的に物件が少ないのか、他にあまり選択肢もなく、どんどん焦ってくる私達・・・

この中で1、2、4は即効リストから外れ、3のアパートにしようか・・・・と悩んでいた時に、義母が「一応今のアパートの1部屋プラスの物件がないかも聞いてみれば?」と言われ、昨日聞いてみたら、私達が探している大きさのアパートが1つ空いていたので見学させてもらうことに。


新しいので中も綺麗だし、設備も最新。冷蔵庫、食器洗い機も完備。
しかし、家賃が今より100ユーロ以上もアップ・・・・
しかも、相方が「騒音が!」と怒っていたので、まあこのアパートになることはないだろうと思っていたら・・・


相方「僕はここがやっぱり気に入ったよ。ここにしない?」


^^;;;;;


あんなにご近所さんの騒音に対してブーブー言っていたのに、何その変わり様^^;;;;


恐らく、今まで相方の大嫌いな虫さんの出そうなアパートを見学してきて、最後にこの物件を見たものだから心が大きく動いたのでしょう。


この心理に上手く働きかけたメソッド、いつかなんかの時に使わせて頂きます^^;;;


ということで、結局今のアパートと同じ棟の同じ階のアパートに引っ越すことになりました・・・

住所変更をしなくて良いので楽なんですが、家賃がかなりきついのよね・・・・
110ユーロもアップということは、年間・・・・・


激憂鬱 也^^;;;;



だってさ、110ユーロあったら毎月焼肉に2回行けますよ?^^;


まあ、もっともここいらには焼肉屋はないのだけど・・・



ということで、アパート探し無事終了。(←多分ね^^;)

カーテンとか新しい部屋の内装なんかも考えているけど、貧乏なので


いかに安く、いかに可愛く内装をするか



これが最大のテーマとなります。

カーテンなんかも手作りになるんだろうな・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/05/28(木) 10:44:22|
  2. インテリア 小物(décoration)
  3. | コメント:4

ハンドメイドな週末

ハンドメイドな週末



dscn2601j.jpg



dscn2592j.jpg




もう3週間前くらいの話になりますが、義母カップルと一緒に美しい近くの村まで散歩しに行きました。
憧れの石づくりの家がほとんどのこの街。(村の景観を保つ為、そういう決まりがあるのかもしれない・・・)
こういった古い石の家はフランスで密かなブームだと人から聞きました。
外国の人も購入しに来るとか・・・

タンポポの沢山咲いている田舎の小道を皆で散歩していると、義母のパートナーがこんなことを言いました。


「タンポポの葉はサラダにして食べれるんだよ。」


この言葉を聞いて、私は我が相方をすかさず観察してみました。


いつもだったら「タダ・食物」という二つのキーワードが合致すれば、これでもかというくらいに摘んで持って帰るに違いない・・・
以前、木苺の沢山なっている野原に行ったときも、「ビニール忘れた!」と悔しがっていたし、栗拾いに行った時も、無我夢中で拾っていたし、ソフトクリームと飲み物が無料な室内アミューズメント施設に行った時も、「お腹を壊す限界」まで食べ続けていた相方・・・・

しかし・・・


あれ?今日は「スルー」なんですか?^^;



全く持って無視^^;;;;


∴ 自分に興味のない食べ物に関しては、無料であろうが放置の姿勢だということが判明致しました^^;


しかし、タンポポの葉っておいしいのかな?
私は食べたことないけど・・・・


さて。

いつかの記事で「工作、手芸の類に挑戦してみよう」というような意気込みを語ったかと思います。
しかし、先週末も大きな手芸ショップに行って、だだっ広い店内に所狭しと陳列されている生地を物色したものの・・・・


可愛い花柄の生地がゼロ^^;


ちなみに私が探しているのはこんな感じ。

(イメージ画像)
box1.jpg


(「Kate Forman」のファブリックのサイトからお借りしています。)


他の国のメーカーには沢山こんなのがあるのに、私の近所で既に4軒布屋さんをまわったけど、こういう花柄が見つけられない^^;


そこで、花柄ではないけれどまあまあ気に入ったピンクグレーの布を200×230センチくらい買い込み帰って来ました。トータルで35ユーロくらいだったかな。


そして、この週末で製作したのが初めの2枚の写真の物。

(一枚目 左から半時計周りに)

・ リボン付き箱
・ フォトアルバム
・ テーブルクロス
・ 網かごカバー 
・ ヘアゴム飾り 「リボン」

(2枚目)
・ エコカバン(←軽量用の携帯買い物袋)


そして、生地はまだ余っているので今後、安いかごバッグを買ってきて、そのデコレーションに使おうと思います。

(イメージ画像)

bag.jpg

(「Kate Forman」のファブリックのサイトからお借りしています。)


しかしね、我が家のような狭い部屋に、コレだけ同じ柄のものがひしめき合っているとさすがにクラクラします^^;

アルバムと箱は、以前から気になっていた「カルトナージュ」という工芸(←って言うのかな?^^;)を真似てかなりいい加減に作っています^^;


本来は柄の切れ目とかも裁断の時に計算してやるのでしょうけどね・・・・・


なんか箱の柄の切れ目がダイナミック過ぎて、


ちょっとオカルトチックに仕上がっています^^;;;;


頭が半分で切れているよ・・・^^;;;;


テーブルクロスなんかの縫い物系も、ミシンさえあれば10分で完了なんだけど、我が家にはミシンがございません^^;;;;

まあ、今まで縫い物に縁がありませんでしたからね・・・・



ミシンがあればあれもこれもできるのに・・・・(←実際にはミシンがあっても「あれもこれも」私自身の技術不足で出来ないくせに^^;)


不器用な私も、結構今後ハンドメイドブームになりそうな予感です。
とはいっても、

パターンをしっかり取らないといけない物はNGだけど^^;
(←面倒くさい・・・・)


全てにおいて豪快な私・・・・

っていうか、どなたかミシン持っていませんか?^^;
相方の祖父母の家に足踏みミシンがあったけど、あれを使ったら怒られるだろうな・・・・(←アンティーク家具なのでね^^;)


  1. 2009/05/04(月) 16:12:14|
  2. インテリア 小物(décoration)
  3. | コメント:4

PROFIL

ピニョン PIGNON

Author:ピニョン PIGNON
写真を撮ることが好きになってきた今日この頃。
将来、一眼レフで写真を撮ることを目指して、只今勉強中。

ARTICLES RECENTS

CATEGORIES

MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

COMMENTAIRES

ARCHIVES

LIENS

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。